【社会】失職中の父親が息子と盗み-車で寝泊まり、所持金なく

 愛知県警中川署は11日、事務所から金品を盗もうとしたとして、窃盗未遂などの疑いで、石川県出身の住所不定、無職山野下学容疑者(44)を逮捕した。
 山野下容疑者は、小学6年の長男(12)と2人暮らし。働いていた名古屋市の会社が倒産し、家賃の滞納から住んでいた市内の団地を8日、退去した。盗んだ乗用車に長男と寝泊まりしながら市内を転々としていたが、10日夜、長男から「おなかがすいた」と言われ、窃盗を思い付いたという。
 調べでは、山野下容疑者は11日午前1時ごろ、長男とともに同市中川区清船町の「名古屋市建設技術センター」の窓ガラスをハンマーで割り侵入、金品を盗もうとした疑い。
 事務所の警報装置が作動し、駆けつけた署員が、所内の金網によじ登って逃げようとしていた長男を発見。事情を聴いたところ、盗みに入ったことを認め、先に逃げた山野下容疑者も、同署員が携帯電話に連絡し、呼び出された。同容疑者は逮捕時に数十円しか持っていなかった。「生活に困ってやった」と容疑を認めているという。

(SANSPO.COM)

---

なぜか、熱い物がこみ上げてくるのは何でだろう…。犯罪はいけないことだとわかってるし、何故そこまでなる前にこの父親は対策をとらなかったのか…。様々ないきさつがあったとは思うが、もし自分がその状況で子供に「おなかがすいた」と言われたら…。盗みをしないとは言い切れないかも…。自分も2人の息子を持つ親だが、裕福では無いなりにもそれなりに暮らしている。いつなんときこのような状況になるか分からない、子供にひもじい思いだけはさせたくないから仕事をがんばってるといっても過言ではないから…。

それとは裏腹に息子たちは(特に下の子は)ご飯を残す。その度にキツく怒るのだが、やはり残す。一度、二人を目の前に並んで座らせ、何故、パパとママは働くのか…ということを話したことがある。上の子は5歳下の子は2歳のときだと思う、親が毎日仕事に行くということは分かっていても仕事をするということがどういう事なのか、なんのために働くのかということを話した。

小さい子供には難しくて解らないかな?と思ったが、俺はその時に「パパとママが毎日お仕事に行くのは、りょうとかずに少しでも美味しい物を沢山食べて、丈夫な子に育って欲しいからだよ。」ということ、さらに、毎日食べてるご飯は、農家のおじさんおばさんが、朝早くから日が暮れるまで、沢山の手間と沢山の時間をかけてやっと出来るものなんだよ、どこかの国にはご飯が食べたくて仕方なくても、その食べるご飯がなくて何時もお腹をすかしている子供が沢山居るんだよ。ということを話した。その時は怒ってキツい口調で話したわけではないが、長男は涙を流しながら聞いていた。その後はしばらく二人ともちゃんと残さずに食べるようになった。

物の大切さを分かる子になって欲しいなと切に願う。

お金がないって素晴らしい?!

今月給料もらってすぐその足でスロット打ちに行って、やられてしまいマジで金欠です。でも、仕事終わって帰ってきてビール(といっても発泡酒ですが)は毎日飲まなければ気が済まないたちでして、毎日飲むんですけど、今月は350ml缶1本という有様で…

で、親父のパソコン(Win)設定してあげたお礼で焼酎もらったんですよ、2リットルのやつ、それ飲んでるんですが、あれですね、毎日ビールちょっとしか飲んでないと、それになれてしまうのか、焼酎2杯飲むとそれなりに酔っぱらっちゃって…

「あれ?!俺ってこんなにお酒弱かったんだっけ???」って感じで、少ない量でそれなりに酔っぱらっちゃって、安上がりで(・∀・)イイ!!じゃん!!!





・・・・






みたいな(笑)

たまに酒減らしてみるのも家計のためになるなって思った15の夜でした。

自転車タクシー、各地に 「排ガス出さず低運賃」に人気

aqwpleb3.JPG 運転手がお客2人を乗せて走る自転車型タクシー「ベロタクシー」が3月下旬以降、奈良市、大阪市、長野県松本市、那覇市に相次いでお目見えする。排ガスを出さず、環境にやさしい「現代版人力車」として02年、京都市と東京・青山、六本木地区に登場。時速10キロ程度しか出ないが、快適さや初乗り運賃(東京は500メートルまで大人1人300円)の手ごろさが人気だ。

 97年にドイツで開発された長さ約3メートル、高さ約1.5メートルの流線形の三輪車。「ベロ」はラテン語で自転車の意味。1台約100万円する。営業に免許は不要という。

 京都と東京で運営しているのはNPO法人環境共生都市推進協会で、大阪では4月1日から、堀江地区(西区)と南船場地区(中央区)で午前11時~午後6時まで10台が営業する。料金は地図と定規で決め、東京と同じ初乗り500メートルまで1人300円(子供は200円)で、100メートルごとに50円(同30円)追加。冬場(12月ごろ~翌年3月)は休む。

 奈良は3月20日、松本は4月中旬、那覇は5月上旬から、それぞれ地元NPOが各市内中心部で運営する。奈良の初乗り運賃は1キロまで300円。推進協会の細尾友子さんは「観光の目玉や高齢者の移動手段といった目的で、他の地域でも準備が進んでいる。それぞれの町で、愛される乗り物に育ってほしい」と話している。

(asahi.com)

---

こんなの日本に有ったんですね…。知らなかった。一度乗ってみたいなぁ。でも100mごとに50円ってやすいんですか?しかもこの三輪車100万円もするんですか?20万も有れば余裕で作れそうな気がしますが。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ