映画ヒットで「ニモ」受難 カクレクマノミの乱獲急増

11hfnflk.JPG 今年の米アカデミー賞で長編アニメーション賞を獲得した米国映画「ファインディング・ニモ」。大ヒットの陰で、沖縄の海では主役の熱帯魚・カクレクマノミが「すみか」のイソギンチャクごと捕獲される例が相次いでいる。配給会社は「映画の伝えたいことは全く逆」と困惑している。

 「ファインディング・ニモ」は、ダイバーに捕らえられたカクレクマノミの子ども、ニモを捜すため、父親マーリンが大海原に旅立つという愛情物語。日本でも興行収入が100億円を超える大ヒットとなった。

 オレンジ色の体に入った3本の白い帯が特徴のカクレクマノミは、イソギンチャクをすみかにしている。国内では、奄美大島以南のサンゴ礁などで見られ、体長9センチ前後の愛らしい姿が、ダイバーらの人気を集めている。

 ところが、昨年、映画が公開されてから、各地で「異変」の報告が相次ぐようになった。

 全国でダイビングを指導している「パディジャパン」(東京)には昨年12月中旬、「カクレクマノミがいなくなった」との情報が沖縄県の事務所を通じて寄せられた。同県本部町(もとぶちょう)沖のダイビングポイントで、イソギンチャクごと消えたという内容で、その後の調査で、他のポイントでも同様な被害が出ていることが確認された。

 同県恩納村(おんなそん)のダイビングショップ「ベントスダイバーズ」によると、村内の真栄田岬のダイビングポイントなどでも、昨年秋から、カクレクマノミが相次いでいなくなった。真栄田岬では、クマノミが何年も居着いていた直径30センチほどのハタゴイソギンチャクが根こそぎなくなった。

 映画の配給元の「ブエナビスタインターナショナルジャパン」(東京)は「映画は自然の大切さを伝えたかったはず。メッセージが違う方向で伝わっているとしたら非常に残念だ」としている。

 クマノミの生態に詳しい服部昭尚・滋賀大助教授(動物生態学)の調査では、沖縄本島周辺のクマノミは98年夏の高水温の影響で10分の1以下に激減した。その後も、赤土の流出の影響で、イソギンチャクが定着できないこともあり、個体の数は以前の水準まで戻っていないという。

 服部助教授は「イソギンチャクまで取られてしまうと回復が難しい。離島にまで乱獲が及ばないか心配だ」と話している。

(asahi.com)

---

非常に心が痛みます。自分も「ファインディング・ニモ」見たんですが、とても感動的な映画でした。確かに映画の中では親子の絆や自然の大切さ、仲間の大切さなど伝えたかったとおもうんです。それが裏目に出てしまったとなれば、配給会社の方も残念でしょう。

イソギンチャクだって、増やそうと思って増やせるものじゃないだろうし、何しろ成長にかなりの年月がかかるはず。今回に限ったことではなく、今はお金が有れば大概のことが出来てしまう便利な世の中ですが、珍しいペットなどをお金で簡単に手に入れてしまえる分、手に負えなくなってその辺に捨ててしまう例も多々有りますよね?そういうニュースを見ると人間って何やってるんだ?って思うわけです。悲しいです。

女性が性行為「騒音」訴訟、隣人男性反発するも移転

ベルリン??アパートの隣りに住む25歳男性が、大声で性行為を行い、睡眠を妨害しているのは「騒音公害」として、26歳女性がドイツのベルリンの裁判所に訴えた。ロイター通信が伝えた。

ドイツ大衆紙ビルトによると、女性は、これらの性行為は度々、早朝に行われ、眠りを妨げられていると主張。抗議しても中止しなかったと非難している。

男性は、女性からの抗議を認め、「朝の5時に電話で文句を言われたこともある」と指摘。その上で、喜びの声を我慢することなく、セックスする権利がある、とも反論している。

裁判所は、審理の準備をしていたが、男性が「引っ越し」した事をとつじょ知り、一件落着にした、という。

(CNN)

---

大声を上げてるのが女性ではなくて、男性ってのにちょっと笑ってしまった。

ライオネル・リッチー夫妻、毎月の生活費は3300万円

ロサンゼルス──米人気歌手ライオネル・リッチーさん(54)と妻ダイアンさん(37)の1カ月の生活費は、毎月30万ドル(約3300万円)を超えていたことが明らかになった。夫妻は現在離婚調停中で、ダイアンさんが離婚後の生活費・養育費請求のため、これまでの生活費の明細を裁判所に提出した。公開されている訴訟資料を掲載するウエブサイト「Smoking Gun」が、サイト上で明らかにした。

提出書類によると、ダイアンさんのひと月の服飾・美容代は、服飾費1万5000ドル(約165万円)▽スキンケア代3000ドル(約33万円)▽レーザー脱毛代1000ドル(約11万円)▽ヘアサロン代600ドル(約6万6000円)▽美顔エステ代450ドル(約5万円)▽ネイルサロン代250ドル(約2万7500円)▽個人トレーナー代600ドル(約6万6000円)▽セラピー、マッサージ、ピラティス・エクササイズにそれぞれ600ドル(約6万6000円)??などに上っていた。また美容整形には年間2万ドル(約220万円)を使っていたという。

夫妻には9歳の息子と5歳の娘がいる。提出書類によると、子供には常に最良のものを与えるという方針のため、コロラド州の全寮制学校に通う息子の教育費に年間12万5000ドル(約1375万円)、月に1回息子に会いに行くための費用に毎回約2万ドル(約220万円)が今後も必要と、ダイアンさんは裁判所に主張している。

また娘についても、年間の学費約1万6000ドル(約176万円)▽ピアノ教室(月400ドル)▽コンピューター教室(月800ドル)▽美術教室(月400ドル)▽ダンス教室(月400ドル)??などの費用も必要だとしている。さらに娘は毎週末、少なくとも2回の誕生パーティーに招待されるため、これに伴うプレゼント代として月1000ドル(約12万円)の出費が必ずあると主張している。

提出書類にはこのほか、ポルシェなど6台の高級車や家具、子供たち専属のお手伝いさん、海外旅行などにかかった費用が細かく書き連ねてある。

約500坪の敷地に30室以上あるビバリーヒルズの豪邸は、600万ドル(約7億円)で購入し、700万ドル(約8億円)をかけて改装したもので、現在は4000万ドル(約44億円)相当の資産価値があるとダイアンさんはは申告している。夫妻は現在もこの豪邸で暮らしている。

書類でダイアンさんは、限度額なしのクレジットカード4枚を使っていると申告し、「私が使っていい額に制限はありませんでした」と欠いている。

ダイアンさんによると、ライオネルさんは結婚前に経済的なことはいっさい心配しなくていいと約束。この約束を信じたダイアンさんは仕事を辞めて自分の資産も処分してしまったため、離婚後もライオネルさんに生活費を負担してもらう必要があると主張している。

(CNN)

---

セイユーセイミー♪ しか知りませんが、かなり稼いでるんですねライオネルさん。奥さん使いすぎなんじゃないですか?毎週誕生会に2回も呼ばれて、プレゼント費が12万円…

や、生活のレベルの違う人と比べてはいけないですよね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ