ロサンゼルス──米人気歌手ライオネル・リッチーさん(54)と妻ダイアンさん(37)の1カ月の生活費は、毎月30万ドル(約3300万円)を超えていたことが明らかになった。夫妻は現在離婚調停中で、ダイアンさんが離婚後の生活費・養育費請求のため、これまでの生活費の明細を裁判所に提出した。公開されている訴訟資料を掲載するウエブサイト「Smoking Gun」が、サイト上で明らかにした。

提出書類によると、ダイアンさんのひと月の服飾・美容代は、服飾費1万5000ドル(約165万円)▽スキンケア代3000ドル(約33万円)▽レーザー脱毛代1000ドル(約11万円)▽ヘアサロン代600ドル(約6万6000円)▽美顔エステ代450ドル(約5万円)▽ネイルサロン代250ドル(約2万7500円)▽個人トレーナー代600ドル(約6万6000円)▽セラピー、マッサージ、ピラティス・エクササイズにそれぞれ600ドル(約6万6000円)??などに上っていた。また美容整形には年間2万ドル(約220万円)を使っていたという。

夫妻には9歳の息子と5歳の娘がいる。提出書類によると、子供には常に最良のものを与えるという方針のため、コロラド州の全寮制学校に通う息子の教育費に年間12万5000ドル(約1375万円)、月に1回息子に会いに行くための費用に毎回約2万ドル(約220万円)が今後も必要と、ダイアンさんは裁判所に主張している。

また娘についても、年間の学費約1万6000ドル(約176万円)▽ピアノ教室(月400ドル)▽コンピューター教室(月800ドル)▽美術教室(月400ドル)▽ダンス教室(月400ドル)??などの費用も必要だとしている。さらに娘は毎週末、少なくとも2回の誕生パーティーに招待されるため、これに伴うプレゼント代として月1000ドル(約12万円)の出費が必ずあると主張している。

提出書類にはこのほか、ポルシェなど6台の高級車や家具、子供たち専属のお手伝いさん、海外旅行などにかかった費用が細かく書き連ねてある。

約500坪の敷地に30室以上あるビバリーヒルズの豪邸は、600万ドル(約7億円)で購入し、700万ドル(約8億円)をかけて改装したもので、現在は4000万ドル(約44億円)相当の資産価値があるとダイアンさんはは申告している。夫妻は現在もこの豪邸で暮らしている。

書類でダイアンさんは、限度額なしのクレジットカード4枚を使っていると申告し、「私が使っていい額に制限はありませんでした」と欠いている。

ダイアンさんによると、ライオネルさんは結婚前に経済的なことはいっさい心配しなくていいと約束。この約束を信じたダイアンさんは仕事を辞めて自分の資産も処分してしまったため、離婚後もライオネルさんに生活費を負担してもらう必要があると主張している。

(CNN)

---

セイユーセイミー♪ しか知りませんが、かなり稼いでるんですねライオネルさん。奥さん使いすぎなんじゃないですか?毎週誕生会に2回も呼ばれて、プレゼント費が12万円…

や、生活のレベルの違う人と比べてはいけないですよね。