ベルリン??アパートの隣りに住む25歳男性が、大声で性行為を行い、睡眠を妨害しているのは「騒音公害」として、26歳女性がドイツのベルリンの裁判所に訴えた。ロイター通信が伝えた。

ドイツ大衆紙ビルトによると、女性は、これらの性行為は度々、早朝に行われ、眠りを妨げられていると主張。抗議しても中止しなかったと非難している。

男性は、女性からの抗議を認め、「朝の5時に電話で文句を言われたこともある」と指摘。その上で、喜びの声を我慢することなく、セックスする権利がある、とも反論している。

裁判所は、審理の準備をしていたが、男性が「引っ越し」した事をとつじょ知り、一件落着にした、という。

(CNN)

---

大声を上げてるのが女性ではなくて、男性ってのにちょっと笑ってしまった。