0wu3rv5i.JPG 人気番組「8時だヨ! 全員集合」でテレビのお笑いを席巻した「ザ・ドリフターズ」のリーダー、コメディアンで俳優のいかりや長介(いかりや・ちょうすけ、本名碇矢長一=いかりや・ちょういち)さんが20日午後3時30分、死去した。72歳だった。通夜、葬儀は未定。連絡先は、所属事務所で東京都港区赤坂9の6の28のアルベルゴ乃木坂203「イザワオフィス」。

 東京・本所生まれ。高校を中退後、職を転々とした。アマチュアのハワイアンバンドのベース奏者になったことがきっかけで芸能界へ。

 62年、加藤茶、小野ヤスシらと共にウエスタンとロックをこなすバンド「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に加わった。その後、一部のメンバーが独自の活動を始めたため、64年に仲本工事、高木ブー、荒井注を加えて「ザ・ドリフターズ」を再結成した。日本テレビの「ホイホイ・ミュージック・スクール」でデビューし、楽器を使ったギャグでパンチのある笑いを送り出した。

 67年春、TBSの「ザ・ドリフターズ・ドン」に出演。69年、生中継番組「8時だヨ! 全員集合」がスタートした。大がかりな舞台装置と体当たりのギャグが子どもたちの圧倒的な支持を受け、「お化け番組」の異名を残した。同時に、「食べ物を粗末にする」といった批判や、ストリップまがいの踊りなどで「俗悪番組」とも呼ばれた。

 85年に「8時だヨ! 全員集合」が終了した後は、映画やテレビドラマで渋い脇役として精力的に新境地をひらいて行った。黒澤明監督の「夢」(90年)、山田洋次監督の「息子」(91年)などに出演、98年の大ヒット映画「踊る大捜査線」(03年に続編)では、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞に選ばれた。

 03年5月、原発不明頸部(けいぶ)リンパ節がんと診断され、治療を受けた。まもなく芸能活動を再開、ドラマなどに出演していた。

    ◇    ◇

 〈作家・演出家の久世光彦さんの話〉 スラップスティックコメディーが大好きで、日本の舞台上でそれを実現した人だった。私がTBSにいた頃、長さんの横で演出を学ばせてもらい、「全員集合」も3本演出したことがある。とにかく笑いに命を懸けていた人で、才能というより粘り強さで笑いを追う姿勢をたたき込まれた。元々音楽から入った人だけに、その時代時代のリズムをつかむのがうまかったのだろう。

(asahi.com)

---

驚きました。「8時だよ全員集合!」は小学生の頃、毎週楽しみで楽しみで…。土曜日がくるのが本当に待ち遠しかった。土曜日は午前で学校が終わるし、サザエさん、まんが日本むかし話、8時だよ全員集合が入るし、明日休みという気持ちからくるワクワク感があるし本当に土曜日が楽しみでしたね。

最近ではいかりやさんは、ドラマなどで見かけてましたが、存在感ある渋い役で、最近の人だとこの人が昔、お茶の間を笑いの渦に変えてしまった人だとは分からないのではないでしょうか?志村や加藤茶の笑いももちろん好きですが、いかりやさんの「もしも」シリーズも凄く好きだったな。

残念でなりません…

ご冥福を祈ります。